食事を見直すだけでボケ知らずに!犬の痴呆に効果的な食事と推奨ドッグフード

横になっているチワワの画像

「最近になって愛犬の動きや反応が鈍くなってきた…」「できるだけ老化やボケを防いで、長生きさせてあげたい」

そんな飼い主さんに向けて、今回は犬の痴呆を改善するドッグフードや食事についてまとめてみました。

筆者の先代の愛犬は中型犬で19歳6か月まで生きてくれましたが、やはり最後の1~2年はかなりボケてしまいました…。

そんななかでも、痴呆対策を頑張ったおかげで長生きしてくれた部分もあったと思います。

シニア期に入ってからでも私たち飼い主にできることはたくさんあるので、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

犬の痴呆に効果的な食事

野菜とフルーツの画像

まずは痴呆予防や進行を遅らせるのに役立つ食事について見ていきましょう。

毎日の食事の内容も痴呆予防においては重要なので、ぜひ今日から取り入れてみてください。

痴呆には『青魚』!『DHA』『EPA』を積極的に摂ろう

魚(イワシ)の画像

あなたも「ボケ防止には青魚が良い」というのは聞いたことがあると思います。これはヒトだけでなく犬の場合も同じなんですね。

  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

これらの成分はボケ防止に有効な成分で、人間用のサプリメントでも通販番組でよく売られていますよね。

犬の痴呆にもこれらの成分は欠かせず、「認知症を見せている犬は認知症でない犬に比べてDHAやEPAが明らかに減少している」ことが分かっています。

どうして『DHA』『EPA』が痴呆に良いの?

神経細胞とDHAやEPAの関係イラスト

『痴呆』は老化に伴って記憶力や判断力が失われていく病気ですが、そこには『神経細胞』の働きが大きく関わっています。

神経細胞同士がネットワークのようにつながり、スムーズに動いて思考を行うためには、神経細胞の柔らかさが必要になります。

しかし、この神経細胞は加齢とともにどんどん固くなり、働きが鈍くなると考えられています。

神経細胞の柔らかさと固さのイラスト

そこで注目されているのが『DHA』『EPA』です。というのも、『DHA』『EPA』には神経細胞を柔らかくする効果があるからなんです。

それだけでなく、『DHA』『EPA』には血液をサラサラにして動脈硬化を防いだり、脳神経細胞を活性化させたりする働きもあります。

『DHA』『EPA』を摂るうえでデメリットはなく、積極的に取り入れることで愛犬の長生きにつながる成分なんです!

犬レッド

日本犬は長い間『魚』を中心として生活を送ってきたため、他の犬種に比べてDHAやEPAの要求量が多く、『柴犬』などは認知症を起こしやすいと言われています。

柴犬のような日本犬こそ、積極的に『DHA』『EPA』を取り入れていきたいですね

『DHA』『EPA』の摂り方・与え方

サバの画像

『DHA』『EPA』はイワシサバサンマなどの青魚に豊富に含まれています。獣医さんのなかには毎日のドッグフードにこうした魚をそのままトッピングすればOKという人もいます。

ただし、匂いや苦味が強い魚に慣れておらず、トッピングしたご飯をなかなか食べてくれないという子も多いのは事実です(トッピングとなるとお金もこれまで以上にかかります)

そのため、サプリメントや魚が主原料のフードを通して、毎日の食事から痴呆予防をしてあげるのが良いと思います。

野菜やフルーツもオススメ!『抗酸化物質』も痴呆予防には◎

犬の痴呆予防に大切な抗酸化物質

“抗酸化物質を含んだ野菜やフルーツ”も犬の痴呆予防に良いとされています。

あなたも一度は『抗酸化物質』という言葉を聞いたことがあると思いますが、実際『抗酸化物質』とは何者なのでしょうか?

痴呆に良い「抗酸化物質」ってなに?

まずは『活性酸素』という体内でできる悪い物質について簡単に見ていきましょう。

食事でとった栄養をエネルギーに変える際に、外部からのストレスや紫外線が原因で、ヒトも犬も体内に『活性酸素』ができます。(『活性酸素』ができること自体はいたって自然な現象で問題はありません。)

活性酸素のイラスト

しかし、若い頃には自分自身の力で『活性酸素』が過剰に発生しないように抑えることができるのですが、歳をとるにつれてその力は弱まってしまいます。

そうして溜まった『活性酸素』は、血管をサビつかせて老化をすすめたり、神経細胞にも悪影響を及ぼすことが分かっています。

神経細胞の働きが低下することで脳の働きも低下するため、『活性酸素の増加』は認知症を引き起こしやすくなると考えられているんですね。

野菜の画像

そして、こうして悪さをする『活性酸素』を抑えるのに役立つのが『抗酸化物質』です。身近なところでいうと、ビタミンC・ビタミンE・βカロテン・ポリフェノールなどが『抗酸化物質』として挙げられます。

これらの成分は強い抗酸化作用を持ち、体のなかで発生する『活性酸素』を除去する働きがあるので、積極的に取り入れていきましょう。

抗酸化物質を多く含む食べ物

にんじん、ブロッコリー、カボチャ、トマト、キャベツ、サツマイモ、ジャガイモ、イチゴなど

犬レッド

ここまでの内容を簡単にまとめておきます。

  • 血管や脳の働きを弱くする『活性酸素』は犬の体内で作り続けられている
  • 成犬時は自力で『活性酸素』を抑え込めるが、シニア犬になると抑えられなくなる
  • 放っておくと痴呆の原因になるが、『抗酸化物質』を積極的に摂ることで痴呆予防に!

野菜やフルーツなどは毎日の食事にも積極的に取り入れてあげましょう!!

選ぶならコレ1択!犬の痴呆改善に期待できるドッグフード

ドッグフードの画像

最後に、『DHA』『EPA』や『抗酸化物質』をたっぷり含んだオススメのドッグフードを紹介します。

サプリメントなどで成分を補うこともできますが、サプリメントは決して安くありませんし、毎日与えるとなると私たち飼い主の負担にもなります。

無理なく痴呆予防を続けるためには“痴呆予防に役立つ成分がたっぷり入ったドッグフード”を与えるのが一番だと思います!

シニア犬にこそ安全で栄養価の高い『ピッコロ』ドッグフード

ピッコロドッグフードの画像
名称 ピッコロ(Piccolo)
対象 シニア犬(7歳~)
価格 3960円、定期3168円(1.5kg)
1kgあたりの価格 2640円
原産国 イギリス
特徴 100%無添加&ナチュラル素材、チキン&サーモン70%配合、低カロリー&低脂肪
注意点 販売場所は公式サイトのみ

特徴・メリット

ピッコロドッグフード公式サイト

ペット大国イギリス産のプレミアムドッグフード『ピッコロ』。100%ナチュラル素材のみを使用し、シニア犬に必要な栄養をバランスよく含んでいるのが特徴です。

原材料の70%を主原料のチキンとサーモンが占めるため、犬に必要な『動物性タンパク質』はもちろん、サーモンから『DHA』『EPA』もたっぷり摂ることができます。

また、100%無添加というのもシニア犬にとっては嬉しいポイント。『ピッコロ』なら人工添加物によるアレルギーやガンのリスクはゼロです!!

犬レッド

『ピッコロ』は他のシニア用フードや魚メインのフードに比べて食いつきが良く、なにより100%無添加なので安心して与えられるのがオススメポイント!

「86.8%が継続したい」と回答するほど利用者の満足度も高く、シニア犬の長生きのためにもずっと与え続けたいフードです。

⇒『ピッコロ』公式サイトはコチラ

口コミ・評判

OKサインを出す女性の画像

チキンとサーモンが70%配合というところにとても惹かれました。便の調子もずっと良い気がします。

使われているもの、栄養面を考えるようになった今だからこそ、良さが分かる。ずっと与えていきたいと思う。

フードの香りも飼料臭がなくてとても良い。シニア犬の健康を考えたレシピ構成がグッド。

とても美味しいらしく、こちらが心配になるくらい勢いよくガツガツ食べていました。本人はとても気に入ったようで、サーモンが入っているのも嬉しい。

愛犬の体調が良いです。粒感も食べやすそうなので、今後も継続していきたいと思います。

「シニア用ドッグフードはどれを選べばいいか分からない…」「シニア犬に必要な栄養素をしっかり摂らせてあげたい」という方に『ピッコロ』はピッタリだと思います。

『リンゴ』などから抗酸化物質も摂れるため、愛犬をいつまでもシャキシャキした状態でいさせたい!という方はぜひ!

犬イエロー

痴呆対策フードもいくつか販売されていますが(サイエンスダイエット・健康ガード脳など)、いずれもアレルギーの原因になるような犬に不必要な原材料が含まれています

当サイトで「これなら安心安全!」と思えたのは『ピッコロ』だけだったので、ドッグフードをお探しの方はぜひ一度詳細をチェックしてみてくださいね。

⇒『ピッコロ』公式サイトはコチラ