ひと目で分かる!ドッグフード危険な原材料と添加物|粗悪品の見抜き方

読書をするラブラドールレトリバーの画像

「ドッグフードに危険な原材料が使われていると知って、急に不安になってきた…」「どうやって添加物を見分ければいいか分からない!」

あなたもこんな風に悩んだことはありませんか?

今ではドッグフードの種類も無数にあり、そのなかから安全なものだけを見抜くのは簡単なことではありません。

とはいえ、「ドッグフードが原因で愛犬の健康を害するようなことはしたくない!と思いますよね。

そんな飼い主さんに向けて、この記事ではドッグフードに含まれる危険な添加物や原材料をまとめてみました!

今後のドッグフード選びにぜひ役立ててください。

ドッグフードに含まれる危険な原材料【早見表】

ダメを手で作る看護師の画像

まずは、ドッグフードによく使われる好ましくない原材料の一覧表を見てみましょう。

ドッグフードを選ぶ際には以下の原材料が使用されていないかをチェックすることが大切です。

酸化防止剤
BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル
着色料
赤色○○号、黄色○○号、青色○○号、緑色○○号、亜硝酸ナトリウム、亜硝酸塩、亜硝酸ソーダ、二酸化チタン
保存料
ソルビン酸カリウム、プロピレングリコール
甘味料
ソルビトール、グリニジン、アンモニエート、ビートパルプ、コーンシロップ
粗悪なお肉
○○ミール、○○エキス、○○パウダー、○○肉副産物、肉粉、ミートミール、動物性油脂

原材料に上のような表記があるドッグフードは避けたほうが無難です。

これらはいずれも犬の健康を害する危険性があると、論文や実験で報告されているものです。

犬レッド
それでは1つずつ簡単に解説していきます!

ドッグフードに含まれる6つの危険な添加物

マスクをしているパグ(犬)の画像

まずはドッグフードに含まれる危険な人工添加物について見ていきましょう。

人工添加物は大きく分けて6つに分類されます。

  1. 酸化防止剤
  2. 着色料
  3. 保存料
  4. 保湿剤
  5. 甘味料
  6. 香料

粗悪なドッグフードでは、これらの添加物が複数使用されているケースも。

以下、それぞれの添加物ごとに「こんな表記があったら要注意!」といったものを紹介していきます。

発がん性の高い危険な酸化防止剤

酸化防止剤は、ドッグフードの油(脂)が酸化するのを防ぐために使用されます。

犬に必要なカロリーを満たすため、油自体はどのドッグフードにも使用されます。そのため、酸化防止剤もほとんどのドッグフードに使用されています。

問題は、その酸化防止剤が安全かどうかです(以下、具体的な表記です)

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

ガソリンの画像

ガソリンの酸化防止剤として合成された化学物質。現在は油脂の製造に用いるパーム原料油などに限り、使用が認められています。

ドッグフードにおいては、ペットフード安全法の規格内(環境省)であれば使用が認められています。

しかし、ラットを使った動物実験の結果、

  1. 発がん性
  2. 歩行障害
  3. 呼吸困難
  4. 消化器官の異常

などが確認されています。

注意
BHAを含むドッグフード:ロイヤルカナンなど

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

石油用の酸化防止剤として使用されるようになった化学物質。人間用の食品では、冷凍食品やバターなど限定的に使用されています。

アメリカでの実験の結果、膀胱がんや甲状腺がんを誘発する可能性があると報告されています。

ドッグフードにおいては、ペットフード安全法の規格内(環境省)であれば使用が認められています。

注意
BHTを含むドッグフード:ペディグリープロマネージ、スペシフィックなど

エトキシキン

除草剤の画像

除草剤や駆除剤に使用される非常に強い抗酸化作用をもつ物質。

なお、日本では人間の食品にも使用許可が下りたことはありません(農薬としても禁止されているほど)

動物実験では、腎臓・胃・膀胱・大腸などにガンを形成するとの報告も。

しかし、ドッグフードにおいては、ペットフード安全法の規格内(環境省)であれば使用が認められています。

没食子酸プロピル

バターとバターナイフの画像

酸化防止力が非常に強く、バターや醤油などにも使用されます。しかし、動物実験で発がん性染色体異常なども認められています。

注意
没食子酸プロピルを含むドッグフード:ロイヤルカナン、スペシフィックなど
こんな酸化防止剤なら安全!

ミックストコフェノール(ビタミンE)、ローズマリー抽出物

これらは天然由来の酸化防止剤で安全なものです。ちなみにエトキシキンなどが使用されるのは、天然由来のものよりもコストが安いためです。

 

色の見分けがつかない犬には不要!危険な着色料

カラフルなドッグフードの粒の画像

着色料はドッグフードを色鮮やかにみせるためによく使われます。しかし、あなたもご存知のように犬はグレーや白色しか識別できません。

あくまで着色料は「色鮮やかで可愛いし美味しそう!」と飼い主さんに思ってもらうために使用されるもの。犬のカラダには百害あって一利なしです。

タール系(石油系)着色料

  • 赤色 2,3,40,102,104,105,106号
  • 黄色 4,5号
  • 青色 1,2号
  • 緑色 3号 など

これらの着色料には発がん性やアレルギーなどの危険性が認められています。

着色料はかまぼこや福神漬け、ソーセージなどの食品にも使用されますが、犬にとっても人間にとっても害です。

北欧ではアレルギーを懸念して、食品への使用が禁止されているものもあります。

注意
タール系着色料を含むドッグフード:愛犬元気『グランデリ』、ドギーマン(ジャーキー)、家族のごはん、ベストバランスなど

亜硝酸ナトリウム(亜硝酸塩、亜硝酸ソーダ)

生ハムの画像

肉の黒ずみを防ぎ、お肉の色を鮮やかにみせるための化学物質。ハムやソーセージなどに使用されます。

ドッグフードにおいては、ペットフード安全法の規格内(環境省)であれば使用が認められています。

しかし、亜硝酸ナトリウムは肉類に含まれるアミンに反応し、胃の中でニトロソアミンという発がん性物質を作り出します。

ニトロソアミンには非常に強力な発がん性があるため、危険なことには変わりありません。

ちなみに、亜硝酸ナトリウムのヒトの致死量はわずか0.18~2.5gです(青酸カリは0.15g)

注意
亜硝酸ナトリウムを含むドッグフード:ドゥロイヤルなど

二酸化チタン

食品を白くする添加物で、ホワイトチョコレートやマシュマロなどに使用されます。

発がん性やアルツハイマーなどの危険性が指摘されています。

注意
二酸化チタンを含むドッグフード:ゲインズパックン、ゴン太のふっくらソフトなど

 

意外と使われている…危険な保存料

白い粉のイメージ画像

保存料はカビや細菌の繁殖を防ぐために使用されます(別名:防腐剤)

特に、安価なドッグフードでよく見られるのが「ソルビン酸カリウム」です。

ソルビン酸カリウム(ソルビン酸)

マーガリンやジャム、ワインやお菓子などに幅広く使用されています。

しかし、動物実験では発育不良や肝臓障害を引き起こすことが認められています。

マウスを使った実験では、体重1kgに対して4.2gのソルビン酸カリウムを投与したうち、半数のラットが死亡したというデータも。

着色料の亜硝酸ナトリウムと反応し、エチニル酸という発がん性物質を産生するとの報告もあります。

注意
ソルビン酸カリウムを含むドッグフード:モアソフトロイヤルカナンペディグリーなど

 

半生(ウェット)タイプでは要注意!危険な保湿剤

カラフルなドッグフードの粒の画像

保湿剤はドッグフードの水分を保ち、カビの繁殖を防ぐために使用されます。

水分量の多いウェット(半生)タイプや缶詰タイプのドッグフードで広く使われます。

そのなかでも気をつけたいのが「プロピレングリコール」という保湿剤です。

プロピレングリコール

洗剤や化粧品、おにぎりや麺類など幅広く使われますが、毒性が強く、その量はかなり制限されています。

プロピレングリコールを過剰に摂取すると、アレルギー腸閉そくなどを引き起こします。

注意
プロピレングリコールを含むドッグフード:ゲインズパックン、モアソフトなど

 

ドッグフードの売り上げ目的に使用される甘味料

ドッグフードを美味しそうに食べるチワワの画像

甘味料はドッグフードの食いつきを良くするために使用されます。

ワンちゃんが美味しいと思うかどうかは、ドッグフードの売れ行きに直結します。

そのため、なかには甘味料が過剰に使われているフードもあるんですね。

ソルビトール

ソルビトールはブドウ糖から合成される糖アルコールの一種(別名:ソルビット、グルシトール)

カロリーは砂糖の75%程度なので、ダイエット食品などでも馴染みがある甘味料だと思います。

しかし、砂糖よりも甘味が少ないため、実際は砂糖よりも多く加えられる傾向にあるため注意が必要です。

※イタリアではソルビトールを大量摂取した女性が亡くなる事故も起きています。

注意
ソルビトールを含むドッグフード:ピュアロイヤル、ドゥロイヤルなど

グリニジン、アンモニエート

人工甘味料の一種。安全性が確認されておらず、人間の食品の使用はいまだに認められていません。

これらを含むドッグフードには十分に注意してください。

ビートパルプ

サトウダイコン【甜菜(てんさい)】から砂糖を搾り取ったあとに残ったもの。

ビートパルプにも少量の糖分が残っているため、甘味料としてよく使用されます。

また、安価に手に入るため、「かさ増し」の材料としてもよく使われます。

甜菜(サトウダイコン)の画像

しかし、ビートパルプには犬にとって必要な栄養素はほとんど含まれていません。また、ウンチを固くする働きもあるため、摂取しすぎると便秘になる恐れも…。

「フードを変えたらウンチが固くなった!」と思っても、それは単にビートパルプの作用に過ぎないケースも…。

注意
ビートパルプを含むドッグフード:jpスタイルプリスクリプションダイエット、ユーカヌバ、シュプレモなど

コーンシロップ

コーンシロップはドッグフードに弾力性をもたらし、噛みごたえや食いつきを良くするために使われます。

しかし、犬の膵臓(すいぞう)や副腎に悪影響を与え、糖尿病などを引き起こす恐れがあります。

 

目を覆いたくなる…ドッグフードの危険な原材料

牛肉(生肉)の画像

ここまでは危険な人工添加物を紹介しましたが、注意しなければいけないのは添加物だけではありません。

実は、ドッグフードの主原料である「お肉」にも粗悪なものが使われるケースもあるんですね。

原材料に以下の表記があるドッグフードは避けたほうが無難でしょう。

○○ミール、○○エキス、○○パウダー

通常であれば、お肉などは「鶏生肉」などと表記されます。しかし、チキンミール・チキンパウダーなどと曖昧な表記をしているものもなかにはあります。

これらは4Dミートと呼ばれる粗悪な材料を使用している可能性もあるので、十分に注意してください。

※4Dミートとは以下のような動物のお肉を指します。

  • Dead(死んだ
  • Dying(死にかけの
  • Disabled(障害のある
  • Diseased(病気の

※これらの頭文字をとって4Dミートと呼ばれます

当然ですが、これらはヒトの食品基準を満たしていないため、私たちが口にすることはありません。

しかし、ペットフードの基準では使用が認められています。

犬レッド
そもそも本当に自信のある食材を使用しているなら、○○ミールや○○エキスといった曖昧な表現はしないはずだ

死んだ動物のお肉が使われることも…

白黒のニワトリの画像

なかでも問題になるのが「死んだ肉」「病気の肉」です。

例えば、死んだ動物の肉というのはどんどん腐敗していくもの。その腐敗を止めるために、大量の防腐剤が使用されていることも考えられます。

また、病気の肉は「鳥インフル」「狂牛病」にかかった動物の肉かもしれません。

しかも、動物の死体ごとミキサーにかけている工場も多いようで、お肉だけでなく内臓なども混ざっていたり…。

ここでは掲載を控えますが、実態を知りたい方は「ドッグフード レンダリング」で検索してみてください。

4Dミートを確実に避ける方法

チェックの画像

4Dミートは良質なお肉よりも安く手に入ります。しかし、値段が安いからといって4Dミートが含まれているドッグフードを愛犬には与えたくありませんよね?

こうした粗悪品を確実に避けるためには「ヒューマングレード」と書かれたドッグフードを選ぶしかありません。

ヒューマングレードとは

原材料が人間でも食べられる食材であること。多くのプレミアムドッグフードはヒューマングレードとなっています。

○○肉副産物

「○○肉副産物」といった表記には、動物の肉以外の部分が含まれている可能性があります。

  • 腎臓
  • 肝臓
  • 骨 など

これらもドッグフードへの加工段階で粉末状にされているので、決して食べられないわけではありませんが、消化の悪さは簡単にイメージできますよね?

また、肉副産物には4Dミートが混ぜっている可能性もあるため、与えないに越したことはありません。

肉粉・ミートミール

肉粉(肉骨粉)ミートミールといった原材料があるドッグフードは「粗悪品」と思っておきましょう。

これらは動物の血液・毛・羽・皮・角・糞など、捨てるような部分を混ぜたものです。

ミートミールの使用に関しては、AAFCO(アメリカ飼料検査官協会)で以下のように定義されています。

ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、ペプシンで消化できない粗タンパク質が9%以下であること

出典:AAFCO公式HP

この表現は裏を返せば、12%以下の消化できないゴミと9%以下の消化できないタンパク質が入っているということです。

ワンちゃんが消化不良や栄養不足になってしまうのも、ある意味当然ですよね。

動物性油脂

最後に、動物性油脂というのもミートミールと同じくらい危険な原材料です。

工場にもよりますが、安楽死させられた動物や事故死した動物は、肉や内臓を混ぜ合わせてミートミールとしてメーカーに出されます。

その過程で、ミートミールから薬品を使って脂肪分を抜き出したものが「動物性油脂」です。

元はミートミールなのに、食いつきを良くするために動物性油脂でフードの粒をコーティングしているものもあります。

注意
動物性油脂を含むドッグフード:プリスクリプションダイエットメディコート(アレルゲンカット)など

 

人工添加物のその他の危険性【獣医さんの意見】

犬を抱っこする獣医さんの画像

ここまでに紹介した危険な添加物以外にも、犬のカラダに悪影響をもたらす添加物はたくさんあります。

そもそも添加物自体、犬のカラダには百害あって一利なしです。

~添加物が及ぼす悪影響~

  • 消化不良
  • アレルギー
  • ウンチの匂いが臭くなる
  • 涙やけ(目やに)
  • 腎臓への負担 など

添加物は消化が悪く、匂いもキツイもの。お腹を下したり、ウンチが臭くなるのも仕方がありません。

しかし、逆に言えば、添加物を避けることでこれらの悩みが解決するかもしれない、ということでもあります。

犬イエロー
実際、無添加のドッグフードに変えると改善したという報告はたくさんあるわよ

添加されている防腐剤のBHA(ジブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、エトキシキンが問題になった。

脱毛や湿疹などのアレルギー症状が出た犬に、これらの防腐剤が添加されたペットフードを止めたとたんに症状が改善したという例を、複数の獣医師が証言している。

出典:HEALTH PRESS

最終的な結論ですが、安全なドッグフードを選ぶうえでは以下の2つがキーワードになります。

  • 100%無添加
  • ヒューマングレード

こうした表記のあるドッグフードであれば、少なくとも添加物が原因で愛犬に異常が出ることはありません。

涙やけやアレルギーなど、犬に多い症状に悩む必要もなくなります!

まとめ【危険な添加物一覧】

酸化防止剤
BHA、BHT、エトキシキン、没食子酸プロピル
着色料
赤色○○号、黄色○○号、青色○○号、緑色○○号、亜硝酸ナトリウム、亜硝酸塩、亜硝酸ソーダ、二酸化チタン
保存料
ソルビン酸カリウム、プロピレングリコール
甘味料
ソルビトール、グリニジン、アンモニエート、ビートパルプ、コーンシロップ
粗悪なお肉
○○ミール、○○エキス、○○パウダー、○○肉副産物、肉粉、ミートミール、動物性油脂

いかがだったでしょうか?今回紹介した添加物はいずれも発がん性などがあり、大変危険なものです。

今後ドッグフードを選ぶ際には、上の表と照らし合わせながら原材料をチェックしてみてくださいね!

ドッグフード選びの基準と成分表の理想的な数値|みんなのドッグフードの選び方

2017.11.14