犬に必要な栄養素とその必要量|栄養不足を見抜く方法・1日に必要なカロリー

野菜の画像

 

「うちの子は栄養が足りているのかな…」「今のドッグフードのままでいいのか不安」

あなたもこんなふうに心配になったことはありませんか?

本当はしっかり栄養素やカロリーも管理してあげたいけど、なんだか難しそうなイメージってありますよね。

 

そんなあなたに向けて、今回は犬に必要な栄養素やそれぞれの必要量を紹介したいと思います。

栄養が足りているかどうかをチェックする方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

犬の長生きに必要な6つの栄養素

遊ぶ犬の画像

まずは犬に必要な栄養素を見ていきましょう。

実は、犬もヒトと同じ哺乳類なので、必要とする栄養素はヒトとほとんど変わりません!

というわけで、今回は以下の“6大栄養素”と呼ばれるものを中心に紹介していきたいと思います。

  1. 炭水化物
  2. タンパク質
  3. 脂質(脂肪)
  4. ビタミン
  5. ミネラル

私たちと同じで、犬も栄養不足になってしまうと体調不良や病気になってしまうので、上記の栄養素はしっかり摂らせてあげることが大切です。

では、それぞれの栄養素がなぜ必要なのか?不足してしまうとどうなるのか?さっそく次の項目で見ていきましょう。

 

炭水化物は満腹感を得られるが、栄養価値はない!?

お米の画像

炭水化物(=糖質)は即効性のエネルギー源として利用されます。

体に入った糖質は筋肉や脳でエネルギー源として使われ、余ったものは脂肪や筋肉にたくわえられます。

また、炭水化物は脂肪やタンパク質よりも安く手に入り、満腹感も得ることができます。

そのため、ドッグフードではおもにエネルギー源やかさ増しとして使われます。

炭水化物を多く含む食材
  • 炭水化物を多く含む食材
  • 砂糖
  • お米
  • でんぷん
  • トウモロコシ
  • イモ類 など

 

炭水化物は犬にとって不必要?

疑問?マークの犬の画像

炭水化物は私たちヒトにとっては主食ですが、「犬にとってはまったく必要のない栄養素だ」という機関もあります。

この説には賛否両論ありますが、犬が炭水化物をうまく消化できないことは事実です。

犬は本来肉食動物ですし、アミラーゼなどの酵素も持ち合わせていません。

なので、筆者個人としては、ドッグフード選びの際に「炭水化物が足りているかどうか?」はあまり気にしないことにしていますよ(その他の栄養素よりも優先順位は低め)

 

炭水化物が不足するとどうなるの?

炭水化物が不足すると、エネルギー不足になり疲れやすくなります。

しかし、ドッグフードでは炭水化物の量もちゃんと調節されているので、ことさらにサプリメントなどで補う必要はありません。

むしろ、気をつけたいのは“炭水化物の摂りすぎ”です。過剰摂取は肥満につながり、糖尿病などを引き起こすので注意が必要です。

犬レッド
ドッグフードを選ぶ際には、炭水化物はそこまで気にしなくてOKだ!

タンパク質は犬にとって一番大切な栄養素!

ニワトリの画像

タンパク質は犬にとって最も必要な栄養素、いわば主食です。

タンパク質は被毛や皮膚などをつくる元になるので、体にとっては必要不可欠なんですね。

また、タンパク質は炭水化物や脂質から合成されないため、食事として外から摂取する必要があります。

 

タンパク質が不足するとどうなるの?

タンパク質が不足すると、以下のような健康障害が起こってしまいます。

  • 発育の遅れ
  • 体重減少
  • 生体機能の低下 など

こうした健康被害は、タンパク質の少ない低品質なドッグフードを食べさせている場合によく起こります。

逆に、タンパク質を摂りすぎると体内に蓄積し、目やにが増えたり、腎臓に負担をかけることになります。

 

穀物メインのドッグフードではタンパク質不足になる!?

トウモロコシと小麦畑の画像

「穀物メインのドッグフードはダメだ」「ドッグフードはお肉メインのものを選ぶべきだ!」

あなたもこのようなことを聞いたことがありませんか?

実はコレ、穀物がアレルギーの原因になりやすいだけでなく、犬に必要なタンパク質を十分に摂ることができないからなんです!

犬レッド
ここからは少し専門的な内容になるぞ
犬イエロー
できるだけ分かりやすく解説するから、興味のある人は読んでみてね!

穀物から十分なタンパク質を摂れない理由は、犬が必要とする“アミノ酸”に秘密があります。

タンパク質というのは体内でアミノ酸に分解されます、このアミノ酸のうち、体内で合成できず食事から摂らないといけないものを「必須アミノ酸」といいます。

犬に必要な10種類の必須アミノ酸

アルギニン、ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン

※ヒトの必須アミノ酸は8種類。犬は10種類なので、いかに犬にとってタンパク質が重要かが分かりますよね。

実は、チキンやラムなどのお肉(動物性タンパク質)には、上記の必須アミノ酸がすべて含まれています。

しかし、穀物のなかには上記の必須アミノ酸がすべて含まれていないものもあるんです。

これが「穀物メインのドッグフードでは十分なタンパク質が摂れない」と言われる理由の1つなんですね。

犬レッド
いずれにせよ、穀物メインのフードは避けたほうが無難だぞ

脂質はキレイな毛並みに欠かせない栄養素!

油(オイル)の画像

脂質(脂肪)はグラムあたりのカロリーが高く、体のなかの熱源としておもに使われます。

脂肪=体に悪そうといったイメージがありますが、犬の体温維持には欠かせない栄養なんですね。

また、脂肪には毛並みや皮膚をキレイに保つ働きもあります。

 

もちろん、摂りすぎると肥満につなるがるのは犬も同じです。

手作り食をあたえる場合は、ほかの栄養素とのバランスを考えたうえで、摂取量を決めることが大切です。

※脂質の最低摂取量についてはAAFCO(米国飼料検査官協会)がまとめています

 

脂質が不足するとどうなるの?

抱っこされているミニチュアダックスフンドの画像

脂肪が不足すると、被毛のツヤが失われ、フケ症や皮膚疾患の原因になります。

脂肪は酸化しやすいため、保管状態の悪いドッグフードを与えた場合にも、こうした症状を引き起こす恐れがあります。

犬レッド
良い油・良い脂質を摂れば、それだけ毛ヅヤも良くなるぞ!

ビタミンは体調を整える!元気に欠かせない栄養素!

野菜とフルーツの画像

ビタミンはエネルギー源として利用されることはありませんが、犬の体調を整えるためには欠かせない栄養素です。

ビタミンが不足すると、食欲不振や貧血、脱毛などの症状が見られるようになります。

幸いにもビタミンはサプリメントや果物から補えるので、こうした症状が見られた場合はビタミンをプラスしてあげると良いでしょう。

犬に必要なビタミン13種類

~水溶性ビタミン~

ビタミンB1、B2、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、(ビタミンC)

~脂溶性ビタミン~

ビタミンA、D、E、(ビタミンK)

AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準には、ビタミンC・Kの必要量は記載されていません。

なぜなら、ビタミンCは犬の体内でブドウ糖から合成され、ビタミンKは腸内細菌が十分量を合成されていると考えられているからです。

 

ミネラルは多すぎても少なすぎてもダメ!

水面の画像

ミネラルもビタミンと同じく、体の調子を整える役割があります。

必要量はきわめて微量ですが、なくてはならない栄養素です。

代表的なミネラル

カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、リンなど

犬に必要なミネラルは全部で11~12種類で、これらをバランスよく摂ることが大切です。

ただし、過剰摂取による健康被害もあるので、手作り食では正確な計算が必要になります。

※ドッグフードではちゃんと計算されているので大丈夫です

 

カルシウムは人間の14倍も必要!?

ミネラルのなかでも犬にとって特に欠かせないのが“カルシウム”です。

参考までに、ヒトと犬の1日のカルシウムの基準摂取量は以下の通りです。

  • ヒト 0.6g
  • イヌ 8.4g

犬は私たちヒトよりもはるかに体が小さいのに、ヒトの14倍もカルシウムを必要とするんですね。

カルシウムは骨などを形成する成分ですが、昨今では関節に負担のかかりやすい室内小型犬などでケガが増えています。

手作り食では不足しがちなので、しっかりと魚などから摂取できるよう気をつけたいポイントです。

 

水分不足は命取りに!1日に必要な量は?

コップに水を注いでいる画像

犬はパンディングという呼吸法(ハアハア言うアレです)で体温を調節しているため、汗をかいて体温調節する人間ほど水分は失われません。

しかし、水分不足になると脱水症状を起こすので、こまめな水分補給が必要です。

 

犬が1日に必要とする水分量は、体重1kgあたり130mlです。例えば、体重5kgなら650ml必要ということになります。

あなたのワンちゃんは水分が足りていますか?今一度チェックしてみてくださいね。

補足

1日の摂取カロリーを「ml」に置き換えたものが1日に必要な水分量という目安もあります。

 

犬に必要な栄養素が足りているかをチェックする2つの方法

チェックの画像

「うちの子は毎日ちゃんと栄養が摂れているかな?」「このままの食生活でいいのかな?」

こんなふうに不安に思うことってありますよね。こうした不安を解消するには“動物病院の血液検査”がオススメです。

病院によってはカンタンな採血だけでも、タンパク質が足りているかどうかを教えてくれます。

筆者の愛犬も避妊手術前のカンタンな血液検査で、「タンパク質がほんの少し足りていない」と教えてもらいました。

また、その他の栄養素やより詳しい成分分析などを知りたい場合は、「健康に問題がないかどうか、血液検査をしてほしい」と伝えれば、ほとんどの病院でチェックしてもらえます。

もしも栄養状態が不安であれば、一度獣医さんにアドバイスを仰ぐのがオススメです。

 

犬レッド
やっぱり専門家に聞くのが一番だし、獣医さんの「大丈夫」ほど安心できる言葉はないと思うわけだ!

 

症状から栄養不足を見抜くこともできる

読書をするラブラドールレトリバーの画像

栄養が不足すると、ワンちゃんにもその兆候が見られるようになります。

例えば、タンパク質が足りないと体重が減少したり、脂肪が足りないと毛並みが悪くなったり…。

そして、こうした症状に応じて、その都度ドッグフードを変える飼い主さんもたくさんいます。

「良質な脂を使用したドッグフードに変えたら、毛並みが良くなった!」という声もよく聞きます。

「どの栄養が足りていないか分からない」という場合は、以下の表を参考に、足りない栄養素を補ってあげてくださいね!

栄養素ごとの不足症状

~タンパク質不足~

体重減少、皮膚が荒れる、体臭がきつくなる、抜け毛が増える、下痢

~脂質不足~

皮膚の乾燥、被毛のツヤがなくなる、フケが増える

~ビタミン不足~

食欲不振、貧血、脱毛

~ミネラル不足~

筋肉のけいれん、食欲不振、食糞、土を食べる、性器をなめる

 

足りない栄養素を補う3つの方法!おすすめは?

ドッグフードの画像

足りない栄養素を補う方法は以下の3つがあります。

  1. ドッグフードを変える
  2. サプリメントで補う
  3. 野菜や肉などを直接与える

このなかでも一番オススメなのは“ドッグフードを変える”方法です。

ドッグフードなら栄養バランスが崩れる心配もなく、成分表の「粗タンパク質」などの数字を見れば、カンタンに栄養素を増やすことができます。

飼い主がテキトーに野菜などを与えることで、かえって栄養バランスがくずれるケースも多いので、ご自身で与える場合は注意してくださいね。

 

犬に必要な1日のカロリーの目安

グラフとペンの画像

気になる方もおられると思うので、最後に1日に必要なカロリーの計算方法を紹介します。

ドッグフードの記載量を守っていれば基本的に問題はありませんが、気になる方は以下を参考にしてみてください!

1日に必要なカロリーの計算方法

(体重×30+70)×指数※=1日の摂取カロリー(kcal)

※指数は以下を参照

子犬の場合

生後4か月までは3.0、生後4か月~1年までは2.0

成犬の場合

避妊・去勢済みは1.6、避妊・去勢ナシは1.8

高齢犬の場合

避妊・去勢済みは1.2、避妊・去勢なしは1.4

ダイエット中の犬は1.0

適正体重5kgの成犬(♀避妊済み)の場合

⇒(5kg×30+70)×1.6=352kcal

※詳細な必要カロリーが知るためには下記サイトのツールが非常に便利でした!

⇒獣医師広報版「犬のカロリー計算」

犬レッド
今回は以上だ!
犬ブルー
ドッグフードに記載されている1日の量を守っていれば、栄養は十分に確保できるんだね
犬イエロー
もちろん、ちゃんとした良質なドッグフードに限るわよ
犬レッド
本当に不安な場合は獣医さんに調べてもらう!これが一番だぞ!