大食いの子はNG!ファインペッツの口コミと悪評|原材料を辛口評価

子犬と猫がじゃれあっている画像

今回は株式会社エヴリワンズが販売する「ファインペッツ(finepet’s)」の原材料や成分を本音で評価してみました。

記事下部では実際に購入した飼い主さんの口コミも紹介しているので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

『ファインペッツ』の基本情報

ファインペッツ公式サイト

出典:ファインペッツ公式サイト

参考価格 3394円(1.5kg)
1kgあたりの価格 約2262円
備考 お試し1000円(1.5kg)
原産国 オランダ
粗悪な原材料 なし
酸化防止剤 危険性なし
着色料 なし
販売場所 公式サイトのみ
評価 Aクラス

『ファインペッツ』は人間が食べることができるレベルの食材のみを使用し、その消化吸収率は脅威の87%。“食べたら食べた分だけ栄養になる”ドッグフードです。

ペットショップなどでの店頭販売はなく、公式サイトのみでの販売となっていますが、リピートする愛犬家さんも多いドッグフードです。

ファインペッツは全犬種・全年齢対応フードですが、小粒(約5mm)と大粒(約12mm)の2つのタイプが用意されています。

また、1kgあたりの価格は3000円以上とかなり高めですが、お試し購入(1000円)やリピートするほどお得になる定期割引も用意されています。

⇒ファインペッツ公式サイトはコチラ

『ファインペッツ』の原材料・成分の安全性を評価

ジャックラッセルテリアの画像

それではさっそく原材料と成分を見ていきましょう。※以下、好ましくない原材料があれば赤文字にしています

原材料
鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%
粗タンパク質 27.1%以上
粗脂肪 16%以上
粗繊維 4.5%以下
粗灰分 8.2%以下
水分 8%以下
カロリー 440kcal/100g

 

犬レッド
評価:Aクラス

原材料をみたところ、危険な添加物や不必要な穀物も一切見られず、“犬の健康を第一に考えて作られたドッグフード”という印象を受けました。

また、原材料の80%を新鮮なお肉が占めるため、犬にとって最も必要な『動物性タンパク質』は十分に摂れると思います。

主原料にはアレルギー性の低い『鹿肉』『鮭肉』を使用しているため、皮膚が弱い子やアレルギー体質の子にも安心して与えられます。

成分値をみるとカロリーが高め(440kcal/100g)に設定されているため、太り気味の子や肥満の子には不向きかもしれません。

逆に、痩せ気味の子や太らせたい子なら、給与量より少し多めに与えることで、比較的カンタンに体重を増やせると思います。

犬レンジャイの総評

犬レッド

原材料や成分値はほとんど文句のつけようがありません。原材料にわずかながら穀物(大麦、全粒米)が見られますが、これらは穀物のなかでもアレルギー性が低いため、心配する必要はなさそうです。

ただし、ファインペッツにはグレインフリーの「極」も販売されているため、今回の「ファインペッツ」の評価はAクラスとさせていただきました。

『ファインペッツ』の口コミ・評判

イエスとノーの女性の画像

実際に『ファインペッツ』を購入した飼い主さんの口コミや評判もいくつかピックアップしてみました。こちらも購入前の参考にしてみてください。

貴社のフードを食べ始めてから約1周間後くらいに僅かではありますが変化が見られるようになりました。

今までは、皮膚から出血するほど掻きむしって痒がっておりました。

血だらけのその姿は見ていられないほどで、代われるものなら代わってあげたいほどでした。

貴社のフードに変えてから現在(と言いましてもまだ日にちが浅いですが)今ではそれが減少してきました。

ゴハンをほとんど食べず困っていた時に、藁をもつかむつもりで御社のドッグフードを購入してから、もう15回目を迎えました。

御社のドッグフードに変えてからゴハンが楽しみなようで、今でもゴハンの時間には目をキラキラさせて早くちょうだいと催促します。

初めは「ちょっと高いけど……」と思ってましたが、それまで色々トッピングしたりして結局おなじくらいお金がかかっていたので、あんなにおいしそうに食べてくれるなら変えた甲斐があると思ってます。

おかげさまでフードを御社のものに変えてから、あれほど苦しんでいた愛犬の下痢が日に日によくなり、今現在は正常なウンチに戻りました。これからも続けていきたいと思います。

お蔭さまで5歳のチワワですが、最後の悩みであった涙ヤケも治まりました。

毛並みは食べ出してすぐにかわり、掻きむしることも徐々にへってきましたが、涙ヤケだけは中々なおりませんでした。

しかし2袋めが少なくなってきた頃(2ヵ月半くらいたった頃)気付くとほうれい線のように長く濡れていた涙の線がかわいてとても短くなっていました。

コレでほぼアレルギー症状はおさまりました。

こちらのフードに変えてから3分前後で完食する毎日で正直驚いています。

便の状態も以前は固いイメージでしたが、現在は下痢、軟便の症状も無く程良い硬さでこれぞ健康便と思えるほどです。

毛ツヤ、毛並みなど綺麗になってきたと実感しています。

下痢しやすい柴犬にファインペッツをお友達からすすめられ、2か月になります。

ドッグフードを食べると下痢していた子でしたが、こちらの商品に変えてから、切り替え当初からおなかの調子もよく、骨格もしっかりしてきました。とても好んで食べています。

これまで手作りだったので、たいへんでしたが、よいドッグフードに出会え、お預かりのときも安心です。

給餌量も少なめのドッグフードなので、支出もさほど高額にならないのがさらに安心です。

口コミの大半はポジティブな内容で、とくに皮膚疾患を持つワンちゃんの最後の砦になっている印象を受けました。

また、「ウンチが健康的になった」「涙やけが治った」という声も目立ち、ファインペッツ1つで多くの悩みが解決できるようです。

なお、公式サイトには「お客様の声」としてリアルな口コミが400件以上も掲載されているので、購入前に一度チェックしておくのがオススメです!

⇒ファインペッツ公式サイトはコチラ

『ファインペッツ』の悪い評判・デメリット

ばつを作る子供の画像

強いてデメリットを挙げるとすれば、ファインペッツは1日に与える量が極めて少ないということです。

もちろん、これは1粒1粒の栄養価や消化吸収率が高く、少ない量でもしっかり栄養が摂れる証拠なのですが…

おそらく1日に与える量は今与えているフードの半分以下になると思います。そのため、ファインペッツへの切り替えに手を焼く子もいると思うんですね。

※以下、ファインペッツの1日の給与量です

ファインペッツ「極」ドッグフードの給与量・1日に与える量 ファインペッツ「極」ドッグフードの給与量・1日に与える量

いきなりファインペッツにガラッと切り替えてしまうと、「物足りない」「もっとちょーだい!」とゴネる子も出てくるはずです、

そのため、ファインペッツに切り替える際は、今のフードに混ぜながら徐々に移行していくようにしてください。

※以下、公式サイトで説明されているフードの切り替え方です

※フードを切り替える際、従来の量から時間をかけずにFINEPET’Sドッグフードの参考給餌量に変えると、からだが慣れるまでの間、食べる全体量が少ないため、ストレスを感じさせてしまうことがあります

FINEPET’Sドッグフードの給餌量に移行するには、約2週間~2ヶ月程度かけて、徐々にからだを慣らしてあげてください。

※切り替え時、満足せずもっと欲しがるようであれば、味をつけない白飯や茹でただけのキャベツを混ぜて分量を増やしてみて下さい。

『ファインペッツ』はこんな子にオススメ!

  • 少食の子(無理にたくさん食べさせなくて良い)
  • 痩せ気味の子(太らせたい子)
  • 皮膚疾患のある子
  • 今のフードの食いつきが悪い子

ファインペッツは“1日に与える量が少ない”ので、少食の子にはピッタリだと思います。

無理にたくさん食べさせる必要がなく、少ない量でもしっかり栄養が摂れるのは大きな魅力ですよね。

また、カロリーが高くお肉もたっぷり使用されているため、痩せ気味の子にもオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は『ファインペッツ』の原材料や成分も評価してみました。

筆者の感想ですが、原材料や成分をみると“ほぼ理想的なドッグフード”という印象を受けました。

大食いの子はフードの切り替えに少し手を焼きそうですが、切り替えの問題さえクリアすれば、安心して長く与えられるフードだと思います。

今なら通常購入と同じ内容量(1.5kg)のお試しセット(1000円)もあるので、「食いつきだけでも確認したい!」という方は下記リンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

⇒ファインペッツ公式サイトはコチラ

※ファインペッツの最安値は公式サイトです。楽天やAmazonでの取り扱いもありません。