【徹底解剖】リブドッグLIVEDOGを本音で評価|口コミ評判まとめ

国産派は歓喜!?LIVEDOG(リブドッグ)を本音で評価|口コミ評判まとめ

今回はLIVEDOG(リブドッグ)ドッグフードの原材料や成分を本音で評価していきます。

結論から言うと、「国産ドッグフードが欲しいけど、どれも微妙で…」「国産で安全なドッグフードってないの?」というあなたには朗報かもしれません。

LIVEDOG(リブドッグ)の基本情報

リブドッグの原材料を本音で評価
参考価格 通常価格4800円(1.5kg)、定期3840円(1.5kg)、初回1980円(1.5kg)
1kgあたりの価格 通常3200円、定期2560円
原産国 日本
粗悪な原材料 なし
酸化防止剤 危険性なし(天然由来)
着色料 なし
香料 なし
販売場所 公式サイト
評価 Aクラス

株式会社クラウディアが東京大学との共同研究により開発した「リブドッグ」。原材料には人間でも食べられる食材を使用した純国産プレミアムドッグフードです。

開発に至った経緯を調べてみると、「人間が100年生きるこの時代、犬も生活環境と食べものに気をつければ20年は生きられる可能性がある。でも、世に普及するドッグフードは添加物などで不安だらけ。それなら本当に良いものだけを使用したドッグフードを作ろう」という経緯だそうです。

後述しますが、原材料にもこの信念は表れており、“食の権威”と呼ばれる東大教授も開発に携わっているということも、リブドッグの品質の高さをより感じさせます。

なお、通常価格は1kgあたり3200円と少々お高めですが、定期購入でリピートする場合は1kgあたり2560円まで下がり、よくあるプレミアムドッグフードの価格に落ち着きます。

犬レッド

評価:Aクラス

結論、普通に良いドッグフードです。「これはスゴイ!やばい!」という驚きはありませんが、原材料には文句のつけようがありませんでした。

ずっと与え続けられる安全なドッグフードの選択肢の1つには入ってくるでしょう!

LIVEDOG(リブドッグ)の原材料を徹底評価

ドッグフードの原材料を徹底評価

原材料
鶏肉、大麦、玄米、ビール酵母、米ぬか、鰹節、卵黄粉末、赤米、黒米、米油、DHA含有精製魚油、フラクトオリゴ糖、昆布、大根葉、グルコサミン、ごぼう、人参、パディナパボニカ、コンドロイチン、コエンザイムQ10、キャベツ、ビフィズス菌、セレン酵母、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ミネラル類(リン酸三カルシウム、卵殻カルシウム、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

主原料には九州産の鶏肉を使用しています。人間が食べられる食肉検査をクリアした新鮮な生の鶏肉ということで、主原料として言うことはないでしょう。

また、ミネラル類やビタミン類などを除けば、原材料のほとんどが人間でも食べられる食材です。香料・着色料・保存料を使用しない無添加設計なので、安全性もトップクラスと言えそうです。

玄米の画像

少し気になるのは「玄米・赤米・黒米」といった穀物が使用されている点です。昨今では穀物不使用のグレインフリーが注目を浴びていますが、公式サイトによるとこれも“あえて”のこと。

雑食の犬にとって必要な穀物だけを選び配合することで、ポリフェノールなどの成分も補っていこうという意図らしいです。

「本当に穀物は犬にとって消化が悪いのか」については今なお業界内でも論争中ですが、ただ1つ言えるのはこれくらいの穀物なら気にしなくていいということでしょうか。

穀物メインのドッグフードなら話は変わってきますが、栄養素をちょこっと補うだけの穀物なら悪影響はないと思います(神経質になりすぎるのも良くありませんしね)

パディナパボニカの産地であるマルタの景色

リブドッグの最大の特徴は「パディナパボニカ」が配合されている点です。この名前は私も初めて聞いたため、色々調べてみましたが…「パディナパボニカ」というのは地中海のマルタで生まれた海藻だそうです。

この海藻の何がスゴイのかというと、コラーゲンの生産力をサポートし、ものすごいアンチエイジング効果に期待できるということ!コラーゲンは骨や関節をサポートしてくれるので、足腰の弱い小型犬やシニア犬には朗報です。

雑談

「それならコラーゲンを直接配合したほうが良いんじゃないの?」と思い、調べてみるとビックリ。コラーゲンって直接食べても意味がないそうです。

なぜなら、コラーゲンは体のなかで作られるから。髪の毛を食べても髪が生えてこないのと同じで、コラーゲンを食べてもコラーゲンにはならないんですねー。

コエンザイムQ10

また、原材料に「コエンザイムQ10」が配合されているのもかなり珍しいです。コエンザイムQ10といえば、サプリメントでお馴染みのアンチエイジング疲労回復に役立つ抗酸化物質ですよね。

「パディナ」も「コエンザイムQ10」も原材料のなかではあくまで補助的な位置づけだとは思いますが、プラスアルファでこうした健康成分が入っているのは、愛犬の長生きを考えたときにも嬉しいポイントですよね。

犬レッド
一言でいえば、うっかり小さな子供が食べてしまっても大丈夫な原材料です。

まだまだ日本のドッグフードの多くが“価格勝負”に夢中になっていることを考えれば、リブドッグはそうした製品とは一線を画すものと言わざるを得ません。

安心して続けられる国産ドッグフードをお探しの方にはオススメです!

⇒リブドッグ公式サイトはコチラから

LIVEDOG(リブドッグ)の成分を評価

タンパク質 21.0%以上
脂質 11.0%以上
粗繊維 1.5%以下
灰分 7.0%以下
水分 10.0%以下
カロリー 354kcal/100g

続いて、保証成分値をチェックしていきましょう。まず、主成分であるタンパク質(21.0%以上)ですが、プレミアムドッグフードとしてはやや低い数値になっています(通常は24~28%くらい)。

主原料のチキンの消化吸収が良いので、この数値でも穀物メインのドッグフードと比べると栄養価は段違いで良いはずですが、育ち盛りの子には少し不向きかもしれません。どちらかと言えば、落ち着いた成犬向きでしょうか。

その他の成分は標準の範囲内です。カロリーもごくごく普通の数値なので、与える量を調整することで体重管理もしやすそうです。

LIVEDOG(リブドッグ)の口コミ・評判

リブドッグで毛並みもうんちも良い感じになりました。

うちの子はこれまでドライフードを食べなかったので、リブドッグも半信半疑だったのですが、最初から食いつきがよくてビックリ。

うんちの匂いもしなくなり、部屋も爽快です。

リブドッグは開けた瞬間からイヤな香りが全くなく、かつお節のような良い匂いがします。

販売からまだ間もないため、そもそも口コミの絶対数も少ないのですが、今のところ悪い口コミ・評判はなく、ポジティブな意見が目立ちました。

原材料のほとんどが人間でも食べられる食材ということを踏まえれば、「リブドッグはイヤな匂いがせず、かつお節のような良い匂いがする」というのはかなりリアリティのある声だと思います。

私の経験上、高品質で安全なドッグフードというのは、そのほとんどが限りなく無臭に近く、ほんのりダシの匂いがします。今あなたが愛犬に食べさせているドッグフードはどうでしょうか。

もし「全然違う。ドッグフード特有の匂いがする」というのであれば、ぜひ一度リブドッグを開けて匂いを嗅いでみてほしいんです。もうドラッグストアやホームセンターのドッグフードには戻れなくなります。

⇒リブドッグ公式サイトはコチラから

LIVEDOG(リブドッグ)の最安値はどこ?

  公式サイト Amazon 楽天市場
  リブドッグドッグフードの最安値 Amazon
初回購入 1980円(1.5kg)
通常購入 4800円(1.5kg)
定期購入 3840円(1.5kg)
送料 無料

リブドッグは公式サイトのみの販売となっています。Amazonや楽天での取り扱いもなく、ペットショップなどでの店頭販売もありません。

したがって、最安値は自動的に公式サイトとなります。定期購入にあたる「毎月お届けコース」で申し込むと、初回は59%OFF&2回目以降も20%OFFで購入できるので、これを使わない手はありません。

また、初回限定で食いつきチェック用のお試しパックももらえるので、食いつきが悪ければ、その場で定期購入を解約すればOKです。

なお、これらの特典は毎月先着1000名限定となっており、さらに2019年5月23日現在注文が殺到しているとのことなので、「お試しだけでも」という場合もお早めに!

⇒リブドッグ公式サイトはコチラから

まとめ

今回は純国産プレミアムドッグフードの「LIVEDOG(リブドッグ)」を本音で評価してみました。

上でも書いたように、穀物がわずかながら含まれ、タンパク質も抑え気味なので、グレインフリー志向の方や育ち盛りの犬には不向きかもしれません。

ただし、「国産で高品質なドッグフードが欲しい」「安全で栄養価のあるドッグフードをずっと与えたい」という方にはドンピシャのドッグフードだと思います。

うっかり小さな子供が食べてしまっても大丈夫なドッグフード、ぜひ一度試してみてください!

⇒リブドッグ公式サイトはコチラから

LIVEDOG(リブドッグ)に関するQ&A

ドッグフードに関するよくある質問

1.リブドッグの賞味期限ってどれくらい?

製造から1年です(製造日はパッケージに表記されています)。開封後は1か月が目安になっています。

2.どんな犬種や年齢でも大丈夫なの?

リブドッグは全犬種・全年齢対応のドッグフードです。どんな犬種でも、どのライフステージの犬でも食べることができます。

3.どれくらいの期間で体に変化を感じられるの?

犬の体の細胞が生まれ変わるのは3か月と言われていることもあり、3か月くらいで毛並みや活力の変化に気づく飼い主さんが多いようです。

4.給与量を教えてほしい!

リブドッグの給与量

上記を目安に、うんちの状態や体重の増減をチェックしながら微調整するよう公式サイトで説明されています。

また、成長期の犬は上記の数値の2倍を上限に調整、シニア犬は上記の数値の8~9割ほどを目安に調整するのがオススメだそうです。

数値の上限・下限で結構な幅があるので、今与えているドッグフードの給与量も参考にしながら、

  • うんちが柔らかければ量を減らす
  • うんちが固ければ量を増やす

といった具合に微調整していきましょう。※切り替え時は今のフードに徐々に混ぜる量を増やしながら、1週間ほどかけて切り替えていきましょう。

5.アレルギーがある子でも大丈夫?

リブドッグの原材料にアレルゲンとなる食材が入っていなければ大丈夫です。

市販の激安ドッグフードとは違って、リブドッグの原材料には粗悪なお肉(4Dミート・副産物)や危険な添加物は使われていません。

こうした粗悪な原材料によるアレルギーのリスクはゼロなので、今後のアレルギーが心配なワンちゃんにもオススメです。

リブドッグの口コミ・評判まとめ

⇒リブドッグ公式サイトはコチラから