どっちにすべき?モグワンカナガンの違い|モグワンを選んだ3つの理由

モグワンとカナガン比較

「カナガンとモグワン、どっちも良さそうに見えて、どっちを選べばいいか分からない!」

あなたもこんな風に悩んでいませんか?

そんなあなたでも、この記事で紹介するモグワンとカナガンの3つの違いを知れば、迷うことなくうちの子にピッタリなほうを選ぶことができます。

なぜなら、実際に私もモグワンとカナガンで迷いましたが、色々リサーチしたうえでモグワンに決めて、今もその選択は正しかったと思えているからです!

この記事では私がモグワンを選んだ3つの理由も紹介しています。

記事を読み終えれば、きっとどちらがが愛犬にピッタリなのかが分かりますよ!

管理人
結論から言うと、カナガンはガッツリ飯、モグワンはヘルシー飯です!

徹底比較!モグワンとカナガンの3つの違い

徹底比較!モグワンとカナガンの3つの違い

まずはモグワンとカナガンの3つの違いを見ていきましょう。

違いが分かれば案外簡単に「ピッタリなのはどちらか」が分かるんです!

【1】モグワンとカナガンのコンセプトの違い

実際にメーカー関係者の方に伺ったのですが、そもそもモグワンとカナガンではコンセプトが全く違います。

メーカーが「こんな飼い主さんに向けて作った!」という対象がまるで違うんですね。

モグワンのコンセプト

モグワンドッグフードのコンセプト

まず、モグワンは飼い主目線で作られたドッグフードです。

普通のドッグフードは「ダイエット」「関節サポート」など、犬の悩みにフォーカスして開発されますが、モグワンは違います。

  • 健康に良いドッグフードが分からない…
  • 市販のドッグフードは添加物が心配…
  • 安全で食いつきも良いドッグフードがあったらいいのに!

そんな飼い主さんが求めているドッグフードを!ということで開発されたのがモグワンです。

「健康的で食いつきの良いドッグフードが欲しい」という飼い主さんにモグワンはドンピシャなんです!

⇒さっそくモグワンを半額で試してみる【期間限定】

カナガンのコンセプト

カナガンドッグフードのコンセプト

一方のカナガンはというと、活力(エネルギー)を必要とする犬向けに開発されたドッグフードです。

具体的には以下の4つのタイプの犬が該当します。

  1. 成長期のパピー
  2. 活動量の多い成犬
  3. 痩せ気味の子
  4. 筋力が衰えてきたシニア犬

共通するのは、いずれも高タンパクでエネルギッシュな食事が必要なワンコということです。

なんとなくカナガンのイメージは掴めましたか?

語弊を恐れずにいうと、カナガンは「これ食ってたくましく!元気になれ!」という感じ!

⇒カナガンを最安値で試してみる

管理人

モグワンはとにかく安全で食いつきの良いドッグフードが欲しい人向け!

カナガンは高タンパクでエネルギッシュな食事が必要なワンコ向け!です。

【2】カナガンとモグワンの原材料のココが違う!

原材料 モグワン カナガン
肉類 チキン生肉20%、乾燥チキン11%、チキングレイビー2%、生サーモン11%、乾燥サーモン7% チキン生肉26%、乾燥チキン25%、チキングレイビー1.6%、乾燥全卵3.1%
油脂 サーモンオイル2%、ココナッツオイル サーモンオイル1.2%、鶏脂3.1%
野菜 サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、カボチャ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、海藻 サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻
果物 リンゴ、クランベリー、バナナ、パパイヤ リンゴ、クランベリー
ハーブ カモミール、マリーゴールド、アルファルファ、ダンデライオン カモミール、マリーゴールド、アルファルファ、セイヨウハッカ、アニスの実、コロハ
その他 ミネラル、ビタミン、コンドロイチン、グルコサミン、ビール酵母、MSM ミネラル、ビタミン、コンドロイチン、グルコサミン、フラクトオリゴ糖

オレンジ太字にしたところが原材料で異なる部分です。カンタンに解説していきます!

まず、主原料の「肉類」ですが、

  • カナガンはチキン&全卵
  • モグワンはチキン&サーモン

です。

カナガンはチキンを多くして、さらに全卵もプラス。動物性タンパク質が多めのつくりです。

一方のモグワンは、低脂質でアレルギーになりにくいサーモンを使用しています。

また、その他の項目もチェックしてみると、

  • カナガンはハーブ類が豊富
  • モグワンは野菜とフルーツがたっぷり

といった違いも見て取れます。

モグワンドッグフードの原材料

こうした違いをもっと分かりやすく言えば、

  • カナガンはタンパク質たっぷりのガッツリ系ご飯
  • モグワンは野菜とフルーツのヘルシーフード

といった感じ。

なんとなくカナガンとモグワンの違いは見えてきましたか?

ちなみに、カナガンとモグワンそれぞれの匂いを嗅げば、一発でその違いが分かります。

  • カナガンは食欲そそるハーブとお肉の香り
  • モグワンは果物の酸味からくるフルーティーな香り

完全に主観ですが、私はモグワンの酸っぱい系の匂いのほうが好きです。カナガンは思っている以上にハーブの香りがします。

【3】カナガンとモグワンの成分の違い

成分 モグワン カナガン
粗タンパク質 28% 33%
脂質 12% 17%
粗灰分 8% 9%
粗繊維 3% 3.5%
水分 8% 8.5%
オメガ6脂肪酸 1.63% 2.80%
オメガ3脂肪酸 1.29% 0.90%
エネルギー(100g) 344kcal 361kcal

難しそうな成分値の違いも、これまでのコンセプトの違いを理解していれば超簡単です!

  • タンパク質が多いのはカナガン
  • 脂肪・カロリーが抑えられているのはモグワン

といった感じ。ガッツリ系とヘルシー系の違いがそのまんま出てますよね。

お肉たっぷりのガッツリ系カナガン、野菜フルーツのヘルシー系モグワン。もはやこの言葉ですべて説明できます。

あとは、こうした違いから「うちの子にピッタリなのはどっちか?」を考えるだけです!

⇒モグワンを半額で試してみる【期間限定】

⇒カナガンを最安値で試してみる

私がモグワンを選んだ3つの理由

モグワンドッグフードのパッケージ画像

「うちの子にどっちが合うのか、まだ分からない…」というあなたに向けて、モグワンとカナガンで迷ったときの選ぶ基準について少しだけ解説します。

今回は例として、私がモグワンとカナガンで迷って、結果的にモグワンを選んだ理由を紹介します!

ちなみに、うちの愛犬はマルプー(トイプードル×マルチーズ)の2歳♀です。

飼い始めたときから、愛犬にはとにかく安全で栄養価の高いドッグフードを与えたいと思っていました。

そこで候補にあがったのが、まさに今回のモグワンとカナガンだったのですが・・・当然どっちにしようか迷いますよね。

そこで、愛犬が今抱える悩みと解決したいポイントを考えてみたんです。

解決したい悩み
  • 目やに・涙やけをなんとかしたい
  • 足腰のケアをしてあげたい
  • 肥満対策にもなればいいな

こうした悩みを考えながら、モグワンとカナガンをじーっと見ていたら、うちの子に今必要なドッグフードが見えてきたんです!

【1】目やに・涙やけにはモグワンのほうがいい

涙やけのマルプーの画像

マルプーという犬種は生まれつき目やにが出やすい犬種で、ペットショップから迎えたときにはすでに目の周りは赤茶色でした。

そんな目やに・涙やけの原因は3つと言われています。

  1. 犬種・遺伝的なもの
  2. 質の悪いタンパク質や添加物の影響
  3. タンパク質の摂りすぎ

1つ目の犬種的なものはどうしようもありません。これは獣医さんにも言われました。

2つ目の質の悪いタンパク質や添加物。これは高品質なカナガンやモグワンとは無縁の話です。

そして3つ目のタンパク質の摂り過ぎ。これがモグワンに決めた理由の1つです。

いくら良質なタンパク質でも、消化吸収できる量には個体差があります。そうして摂り込まれなかったタンパク質が涙に混じって、涙がドロドロになることもあるんだそう。

「あ、うちの子はあまりタンパク質を摂りすぎないほうがいいな・・・」

そこで、成分の違いを思い出してほしいのですが、カナガンはモグワンより高タンパクでしたよね。

成分 モグワン カナガン
粗タンパク質 28% 33%
脂質 12% 17%
粗灰分 8% 9%
粗繊維 3% 3.5%
水分 8% 8.5%
オメガ6脂肪酸 1.63% 2.80%
オメガ3脂肪酸 1.29% 0.90%
エネルギー(100g) 344kcal 361kcal

カナガンの「粗タンパク質33%」という数字は、数あるドッグフードのなかでもトップクラスです。

もちろん、タンパク質が多い=栄養価が高いという考え方もできますが、目やにが出やすいうちの子にはデメリットにもなりかねません。

モグワンでも十分に栄養は摂れるので、うちの子は目やに・涙やけ対策としてモグワンを選びました。

【2】関節サポート成分はモグワンのほうが多い

柴犬の手羽先

2つ目の悩みは、うちの子は超小型犬なので「足腰のケアもしてあげたい」というものでした。

で、販売メーカーによると、カナガンよりもモグワンのほうが関節サポート成分も多いとのこと。

モグワンは関節サポート成分の数値が公表されていませんが、公表しているカナガンの数値も相当なものです。

ドッグフード名 グルコサミン コンドロイチン
カナガン 1000mg 700mg
ヒルズサイエンスダイエット 550mg 440mg
ナチュラルハーベスト 554mg 888mg

一般的な人気プレミアムドッグフードと比べても、カナガンはケタ違いに関節サポート成分が多いことが分かります。

そんなカナガンよりもモグワンのほうが関節サポート成分が多いと言われたら、そりゃあ足腰の弱い犬種はモグワンを選びますよね。

【3】モグワンのほうが太りにくい!

成分 モグワン カナガン
脂質 12% 17%
カロリー 344kcal 361kcal

最後は「今後の肥満対策にもなればいいなぁ」という悩みです。

当時は仕事が忙しくて、散歩の回数も少し減っていたので、「できれば太りにくいドッグフードがいい」と思っていたんです。

そこで、モグワンとカナガンの脂質・カロリーの違いに着目しました。

これまで与えていたドッグフードと比べると、

  • モグワンはあまり変わらない数値
  • カナガンは脂質もカロリーも高め

になっていたんですね。

今までの生活を振り返っても、「カロリーは今くらいでちょうどいいかな?」「逆にカロリーが増えると太りそう」と思ったので、モグワンに決めました。

モグワンを選んだ3つの理由
  1. 目やに・涙やけをなんとかしたいから
  2. 関節サポート成分が多いから
  3. カナガンより太りにくいから

といった感じで、私はカナガンとモグワンで迷ったのち、自信を持ってモグワンを選ぶことができました。

あなたのワンコが今解決したい悩みを考えると、どちらが良いのかはきっと見えてくるはずです!

\1980円OFF!!今だけ初回半額キャンペーン実施中!!/

【実食レビュー】モグワンを与えてみた!!

モグワンのレビュー

最後に、実際に愛犬がはじめてモグワンを食べたときのレビューを少しだけ。

現在は行われていませんが、私はモグワンを100円モニター(100g)で申し込みました。

モグワン体験談

サンプル商品やパンフレットの写真を撮っていると、興味津々の“おてんば娘”がやってきました。

匂いに誘われてやってきたのかな?と思いましたが、モグワンの袋はしっかり密閉されていたので、(私からすると)無臭でした。

でも、いざ封を切ってみると、なんだか酸味のきいたフルーティーな香りが!!

ドッグフード特有の油っぽい匂いはなく、サーモンとフルーツからくる少し酸っぱいような匂いです。

色でいうと黄色っぽい匂い!で伝わりますかね…?)

モグワンの粒の大きさの画像

粒の大きさも予想していた通りの小粒です。それまで与えていた『ニュートロ・超小型犬用』と比べると少し大きめですが。

あと、粒自体にもベタつきやしっとり感は全くありません。このあたりが市販の激安ドッグフードとは違います!

モグワンの食いつき

いざ実食!食いつき…スゴイです。

うちの子は何でも食べるといえば何でも食べるのですが、「フンッフンッ」と鼻息を荒げながら食べたドッグフードは初めてです。

また、モグワンは粒の真ん中に穴が開いているので、口の小さいうちの子でも簡単に噛み砕けるようです。

小型犬なら、超小粒タイプよりもモグワンくらいの粒のほうが、かえって丸呑みせずにしっかり噛んでくれるかな?

食べ終わったあとは「もっとくれアピール」です…。

マルプーの画像

で、モグワンを与えるようになってからは嬉しい変化が!

まずはウンチが臭くなくなった!今までは鼻をつくような匂いがプ~ンとしていたのですが、それがかなりマシになりました。

これは消化吸収のいい原材料だけを使用しているモグワンのメリットでしょう。

マルプーの画像

次に、ボサボサでベターっとしていた毛並みが、フワッフワッの軽い毛並みに変わったこと!

これも毛先までしっかり栄養が行き渡っている証拠ですし、オメガ3脂肪酸などの良質なオイルのおかげですね。

そしてなにより、着色料や香料などを使用しない無添加ドッグフードなので、毎日与えるコチラ側として安心感があります。

これも個人的にはすごく大きなメリットだなーと思っています!

残念ながらモグワンの100円モニターは終了していますが、今ならモグワンが初回1980円OFFの半額で購入できます!

「ちょっと試してみてもいいかな?」という方は、半額キャンペーン実施中にお試し感覚で試してみてはいかがでしょうか?

⇒さっそくモグワンを半額で試してみる【期間限定】

モグワンはこんな子にオススメ!

  • 食いつきの良いドッグフードが欲しい
  • 目やに・涙やけが気になる
  • 太りにくいドッグフードが欲しい
  • 足腰をサポートしたい
  • 毛並み・毛艶をキレイに維持したい
  • ウンチの匂いをなんとかしたい
  • 丸呑みせずにしっかり噛んで欲しい(小型犬)
  • 安心・安全の原材料がいい

モグワンは上に書いたような子にオススメです。

モグワンもカナガンも最高品質のドッグフードですが、うちの子と似たような特徴がある子にはモグワンが合っていると思いますよ!

⇒さっそくモグワンを半額で試してみる【期間限定】

⇒カナガンを最安値で試してみる

モグワンとカナガンの違いに関するQ&A

Q&Aの画像

口コミや評判が良いのはどっち?

カナガンとモグワン、どちらもAmazonでの評価をみると★★★3.5と高評価となっています。

モグワンとカナガンのアマゾンの画像

※2019年6月時点

ただし、カナガンは本場イギリスではそこまで評価されておらず、知名度も低いと聞いたことがあります。

ちなみに、両者をてがける『株式会社レティシアン』も、カナガンを参考に作った“カナガンを超えるドッグフード”がモグワンだと言っています。

こんな風に言われたら、カナガンが劣化版に思えてしまうのは私だけでしょうか…?

価格・コスパがいいのはどっち?

項目/フード名 モグワン カナガン
価格 3960円(1.8kg) 3960円(2kg)
定期 3564円(1.8kg) 3564円(2kg)
1日のコスパ 約167円 約118円
備考 初回半額1980円OFF

※1日のコスパは成犬3kgの給与量から算出

1日あたりのコスパはカナガンのほうが50円ほど安く済みます。

ただし、モグワンには初回半額(1980円OFF)という特典もあります。

長い目でみるとカナガンのほうが安く済みますが、「試しに1回与えてみたい」という場合はモグワンのほうが良いでしょう!

⇒さっそくモグワンを半額で試してみる【期間限定】

⇒カナガンを最安値で試してみる

モグワンとカナガンは子犬に与えてもいいの?

モグワン 全年齢・全犬種(4か月~
カナガン 全年齢・全犬種(2・3か月~

どちらも公式HPやパッケージに、子犬の給与量の目安が記載されています。そのため、どちらも安心して子犬に与えられます!

モグワンとカナガンの匂いってクサい?

カナガンは強めのハーブの香り、モグワンは酸味の効いたフルーティーな香りです。

どちらもドッグフード特有の油っぽい臭さはないと感じました。

匂いに関する口コミだけを見れば、

  • カナガンは少し強烈で好き嫌いが分かれる
  • モグワンは袋を開けたときからサーモンとフルーツの香りが良い感じ

という声も目立ちます。

方法としてはオススメしませんが、もし匂いだけで選ぶなら、私もモグワンを選びます。

食いつきが良いのはどっち?

口コミを見てみるとどちらも食いつきの評判は上々です。うちの子もモグワンへの執着にはスゴイものがあります。

カナガンは「缶詰やおやつしか食べないワンちゃんにこそ!」「ドライフードの美味しさはついにここまで来た!」というくらい、食いつきの良さをアピールしています。

そんなカナガンスタッフが「理想の食いつきの良さを求めて開発した」のがモグワンなので…

メーカー的にもモグワンのほうが食いつきは良いということになります。

涙やけにオススメなのはどっち?

本文でも書いた通り、タンパク質の摂りすぎで涙やけになる子もいます。

そういった子にはカナガンよりもタンパク質の少ないモグワンがオススメです。

うちの子も目やにが出やすいのでモグワンにしましたよ!

\当サイト限定!初回半額キャンペーン実施中!/

 

 




2019年度版
無添加ドッグフードランキング

当サイトでは全70種類以上のドッグフードを徹底評価しています。
そんな当サイトがおすすめする、高品質なドッグフードを紹介します。