モグワンVSカナガンどっち?モグワンを選んだ3つの理由と選び方徹底解説!

モグワンとカナガン比較

「ドッグフード選びに迷って色々調べてみると、モグワンとカナガンが上位ランキングに入っていた」「でも、どっちも良さそうに見えて、どっちを選べばいいか分からない」

そんな飼い主さんに向けて、今回はモグワンとカナガンを徹底比較してみました。

「モグワンとカナガンって何が違うの?」という疑問に答えていきます!

 

ちなみに、うちのマルプーはモグワンとカナガンで迷ったすえにモグワンに決めました。その理由も合わせて書いていきたいと思います。

この記事を読めば、きっと愛犬にピッタリのドッグフードを決められるでしょう。

違いが分かる!モグワンとカナガンを中身を徹底比較

モグワンとカナガンどっちがオススメ?徹底比較

モグワンとカナガンはどちらも100%無添加&グレインフリーという最高品質のドッグフードです。

でも、よく見てみると原材料や成分には違いがあり、それぞれでピッタリな犬というのも変わってきます。

モグワンとカナガンの原材料の違い

原材料 モグワン カナガン
肉類 チキン生肉20%、乾燥チキン11%、チキングレイビー2%、生サーモン11%、乾燥サーモン7% チキン生肉26%、乾燥チキン25%、チキングレイビー1.6%、乾燥全卵3.1%
油脂 サーモンオイル2%、ココナッツオイル サーモンオイル1.2%、鶏脂3.1%
野菜 サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、カボチャ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、海藻 サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻
果物 リンゴ、クランベリー、バナナ、パパイヤ リンゴ、クランベリー
ハーブ カモミール、マリーゴールド、アルファルファ、ダンデライオン カモミール、マリーゴールド、アルファルファ、セイヨウハッカ、アニスの実、コロハ
その他 ミネラル、ビタミン、コンドロイチン、グルコサミン、ビール酵母、MSM ミネラル、ビタミン、コンドロイチン、グルコサミン、フラクトオリゴ糖

赤太字にしたところが原材料で異なる部分になります。

重要なタンパク源になる『肉類』では、カナガンがチキン&全卵なのに対して、モグワンではサーモンがたっぷり使われています。

カナガンはチキンを多くして全卵をプラスすることで、動物性タンパク質がかなり多めのつくりになっています。

一方、モグワンは低脂質でアレルギーになりにくいサーモンを使用しているんですね。

野菜とフルーツの画像

また、野菜やフルーツはモグワンのほうが豊富ですが、ハーブ類についてはカナガンのほうが豊富です。

こうした原材料の違いはドッグフードの匂いにも現れるようで、

  • モグワンは果物の酸味からくる少し酸っぱいフルーティーな香り
  • カナガンはハーブとお肉からくる強い食欲をそそるような香り

という印象を受けました。

犬レッド
お肉推しのカナガンとサーモン&果物でヘルシー路線をいくモグワン。

こうした原材料の違いにより、成分や栄養素にも違いが生じています!

モグワンとカナガンの成分の違い

成分 モグワン カナガン
粗タンパク質 28% 33%
脂質 12% 17%
粗灰分 8% 9%
粗繊維 3% 3.5%
水分 8% 8.5%
オメガ6脂肪酸 1.63% 2.80%
オメガ3脂肪酸 1.29% 0.90%
エネルギー(100g) 344kcal 361kcal

保証成分値を見てみると、タンパク質はカナガンのほうが多く含まれています。

脂質やカロリーにおいてはモグワンのほうが低脂肪・低カロリーであることが分かります。

こうした違いは、カナガンがチキン中心なのに対し、モグワンはサーモンをミックスしていることから来ているんですね。

犬レッド
~ここまでのまとめ~

  • カナガンはチキンたっぷりの超・高タンパク!
  • モグワンはサーモン&フルーツの低脂肪・低カロリー!

なんとなく、それぞれが「どんな犬に合っているのか」が分かってきましたよね!

私がカナガンではなくモグワンを選んだ理由

モグワンドッグフードのパッケージ画像

一見おなじように見えるモグワンとカナガンも、実は中身は結構ちがうことが分かりますよね。

でも、「うちの子にはどっちが合っているのか、まだ分からない…」という方もいると思います。

そこで、ここからはモグワンとカナガンで迷ったとき選ぶ基準について掘り下げていきたいと思います。

今回は例として、私がモグワンとカナガンで迷い、結果的にモグワンを選んだ理由を紹介します!

うちの愛犬はマルプー(トイプードル×マルチーズ)の2歳♀です。

飼い始めたときから、愛犬にはとにかく安全で栄養価の高いドッグフードを与えたいと思っていました。

(ドラッグストアなどの市販のドッグフードは危険だと知ってから、値段はあまり気にしないようになりました)

そこで候補にあがったのが、まさに今回のモグワンとカナガンだったのですが、当然どっちにしようか迷いますよね。

そこで、愛犬が今抱える悩みと解決したいポイントを考えてみました

  • 生まれつき目やにが出やすい(涙やけになる)
  • ⇒きれいな顔をキープしたい!

  • 足腰の弱い犬種&いつもムチャな動きをする
  • ⇒関節サポート成分が欲しい

  • 肥満予防
  • ⇒太りにくいドッグフードがいい

こうした悩みを考えたとき、うちの子に今必要なドッグフードというのが見えてきました。

そこで、うちの子にはモグワンを試してみることにしたんです!

目やに・涙やけにはモグワンのほうがいい

涙やけのマルプーの画像

一般的に目やに・涙やけの原因は3つと言われています。

1つ目は、犬種といった遺伝的なもの。うちの子はトイプードル×マルチーズのミックスですが、目やにが出やすい犬種の代表格ともいえる犬種のミックスです。

そのため、飼い始めたときにはすでに目やにらしきものがありました。

犬レッド
こればっかりはカナガンもモグワンも解決することはできないと思います…

2つ目は、質の悪いタンパク質や添加物などの消化の悪いものが、涙の流れ落ちる『鼻涙管』を詰まらせること。

涙が鼻涙管に流れ落ちず、目からあふれ出て、そこに雑菌が繁殖するパターンです。

犬レッド
消化の悪い穀物や添加物を一切使っていないモグワンとカナガンに限っては、このパターンは考えられません。

そして3つ目は、タンパク質の摂り過ぎ。いくら良質なタンパク質でも、消化吸収できる量には個体差があります。

犬レッド
ここがポイント!カナガンはモグワンよりもタンパク質が多いです!

カナガンの粗タンパク質33%という数字は、数あるドッグフードのなかでもトップクラスです。

タンパク質が多い=栄養価が高いという考え方もできますが、目やにが出やすい犬種にはデメリットにもなりかねません。

モグワン(粗タンパク質28%)でも十分な栄養は摂れるので、うちの子は目やに・涙やけ対策としてモグワンを選びました。

関節サポート成分はモグワンのほうが多い

柴犬の手羽先

販売メーカーによると、カナガンよりもモグワンのほうが関節サポート成分も多いとのこと。

モグワンは関節サポート成分の数値が公表されていませんが、公表しているカナガンの数値も相当なものです。

ドッグフード名 グルコサミン コンドロイチン
カナガン 1000mg 700mg
ヒルズサイエンスダイエット 550mg 440mg
ナチュラルハーベスト 554mg 888mg

一般的な人気プレミアムドッグフードと比べても、カナガンはケタ違いに関節サポート成分が多いことが分かります。

そんなカナガンよりもモグワンのほうが関節サポート成分が多いと言われたら、足腰の弱い犬種はモグワンを選びますよね。

うちの子も超小型犬(2.5kg)ですが、いつも暴れまわったりムチャをする“おてんば娘”です。

だから、モグワンで今後のケガ予防にもなればいいなと思ったんです。

モグワンのほうが太りにくい!

成分 モグワン カナガン
脂質 12% 17%
カロリー 344kcal 361kcal

最後は、モグワンとカナガンの脂質・カロリーの違いに着目しました。

それまで与えていたドッグフードと比べると、

  • モグワンはあまり変わらない数値
  • カナガンは脂質もカロリーも高め

になっていたんですね。

今までの生活を振り返っても、「カロリーは今くらいでちょうどいいかな?」「カロリーが増えると太りそう」と思ったので、モグワンに決めました。

モグワンを選んだ3つの理由
  1. 目やに・涙やけ対策になるから
  2. 関節サポート&今後のケガ予防になるから
  3. カロリーと脂質をチェックして肥満対策のため

\1980円OFF!!今だけ初回半額キャンペーン実施中!!/

【実食レビュー】モグワンを与えてみた!!

モグワンのレビュー

実際に愛犬がはじめてモグワンを食べたときのレビューを少しだけしたいと思います。

現在は行われていませんが、私はモグワンの100円モニター(100g)で申し込みました。

モグワン体験談

サンプル商品やパンフレットの写真を撮っていると、興味津々の“おてんば娘”がやってきました。

匂いに誘われてやってきたのかな?と思いましたが、モグワンの袋はしっかり密閉されていたので、(私からすると)無臭でした。

でも、いざ封を切ってみると、なんだか酸味のきいたフルーティーな香りが!!

ドッグフード特有の油っぽい匂いはなく、サーモンとフルーツからくる少し酸っぱいような匂いです。

(色でいうと黄色っぽい匂い!で伝わりますかね…?)

モグワンの粒の大きさの画像

粒の大きさも予想していた通りの小粒です。それまで与えていた『ニュートロ・超小型犬用』と比べると少し大きいです。

あと、粒自体にもベタつきやしっとり感はありません。このあたりが市販の激安ドッグフードとは違いますよね。

モグワンの食いつき

いざ実食!食いつき…スゴイです。

うちの子は何でも食べるといえば何でも食べるのですが、「フンッフンッ」鼻息を荒げながら食べたドッグフードは初めてです。

また、モグワンは粒の真ん中に穴が開いているので簡単に噛み砕けるようです。

小型犬には超小粒よりもこれくらいの粒のほうが、丸呑みせずにしっかり噛んでくれるかな?

食べ終わったあとは「もっとくれアピール」です…。

マルプーの画像

モグワンを与えるようになってからは嬉しい変化が!

まずはウンチが臭くなくなった!今までは鼻をつくような匂いがプ~ンとしていたのですが、それがかなりマシになりました。

これは消化吸収のいい原材料だけを使用しているモグワンのメリットでしょう。

マルプーの画像

次に、ボサボサでベターっとしていた毛並みが、フワッフワッの軽い毛並みに変わったこと!

これも毛先までしっかり栄養が行き渡っている証拠ですし、オメガ3脂肪酸などの良質なオイルのおかげですね。

目やにも少なくなった気がしますし、なにより100%無添加&グレインフリーなので、与えるコチラ側として安心感があります。

残念ながら今はモグワンの100円モニターは終了していますが、当サイト限定でなんとモグワンが初回1980円OFFの半額で購入できます!

「ちょっと試してみてもいいかな?」という方は、半額キャンペーン実施中にお試し感覚で試してみてはいかがでしょうか?

⇒モグワン公式サイトで詳細を見る

モグワンはこんな子にオススメ!

  • 食いつきの良いドッグフードが欲しい
  • 目やに・涙やけ対策
  • 肥満予防
  • 足腰をサポートしたい
  • 毛並み・毛艶を良くしたい
  • ウンチの匂いをなんとかしたい
  • 丸呑みせずにしっかり噛んで欲しい(小型犬)
  • 安心・安全の原材料がいい

カナガンとの違いを踏まえると、モグワンは上に書いたような子にオススメです。

モグワンもカナガンも最高品質のドッグフードですが、微妙に違いがあり、合う合わないもあります。

うちの子と似たような特徴がある子にはモグワンが合っていると思います!

⇒モグワン公式サイトで詳細を見る

モグワンとカナガンの違いに関するQ&A

Q&Aの画像

口コミや評判が良いのはどっち?

カナガンとモグワン、どちらもAmazonでの評価をみると★★★3.5と高評価となっています。

モグワンとカナガンのアマゾンの画像

※2018年10月時点

ただし、カナガンは本場イギリスではそこまで評価されておらず、知名度も低いのが現実です。

ちなみに、両者をてがける『株式会社レティシアン』も、カナガンを参考に作った“カナガンを超えるドッグフード”がモグワンだと言っています。

こんな風に言われたら、カナガンが劣化版に思えてしまうのは私だけでしょうか…?

価格・コスパがいいのはどっち?

項目/フード名 モグワン カナガン
価格 3960円(1.8kg) 3960円(2kg)
定期 3564円(1.8kg) 3564円(2kg)
1日のコスパ 約167円 約118円
備考 初回半額1980円OFF

※1日のコスパは成犬3kgの給与量から算出

1日あたりのコスパはカナガンのほうが50円ほど上回ります。

ただし、モグワンには初回半額(1980円OFF)という特典もあります。

長い目でみるとカナガンのほうが安く済みますが、「試しに1回与えてみたい」という場合はモグワンのほうが良いでしょう。

※モグワン初回半額は以下のリンクからでないと適用されません

⇒モグワン公式サイトで詳細を見る

モグワンとカナガンは子犬に与えてもいいの?

モグワン 全年齢・全犬種(4か月~
カナガン 全年齢・全犬種(2・3か月~

どちらも公式HPやパッケージに、子犬の給与量の目安が記載されています。そのため、どちらも安心して子犬に与えられます!

モグワンとカナガンの匂いってクサい?

カナガンは強めのハーブの香り、モグワンは酸味の効いたフルーティーな香りです。

どちらもドッグフード特有の油っぽい臭さはないと感じました。

匂いに関する口コミだけを見れば、

  • カナガンは少し強烈で好き嫌いが分かれる
  • モグワンは袋を開けたときからサーモンとフルーツの香りが良い感じ

という声も目立ちます。

オススメはしませんが、もし匂いだけで選ぶなら、私もモグワンを選びます。

食いつきが良いのはどっち?

口コミを見てみるとどちらも食いつきの評判は上々です。うちの子もモグワンへの執着にはスゴイものがあります。

カナガンは「缶詰やおやつしか食べないワンちゃんにこそ!」「ドライフードの美味しさはついにここまで来た!」というくらい、食いつきの良さをアピールしています。

そんなカナガンスタッフが「理想の食いつきの良さを求めて開発した」のがモグワンなので…

メーカー的にはモグワンのほうが食いつきは良いということになります

涙やけにオススメなのはどっち?

本文でも書いた通り、タンパク質の摂りすぎで涙やけになる子もいます。

そういった子にはカナガンよりも少しタンパク質の少ないモグワンがオススメです。

うちの子も目やにが出やすいのでモグワンにしました!

\当サイト限定!初回半額キャンペーン実施中!/