ペティオ『ナチュラルスタイル』を本音で評価|評判や口コミについて

散歩する犬の画像

「ペティオの『ナチュラルスタイル』が良いって聞いたけど、実際のところどうなの?」「添加物の危険性やみんなの口コミが知りたい」

そんな飼い主さんに向けて、今回は「ペティオ・ナチュラルスタイル」の原材料や成分を本音で評価してみました。ぜひ購入前の参考にしてみてください。

『ペティオナチュラルスタイル』の基本情報

ペティオナチュラルスタイルのパッケージ画像

出典:http://www.petio.com/items/d/2567/

原産国 日本 
粗悪な原材料 脱脂大豆、脱脂米糠など 
酸化防止剤 危険性ナシ 
着色料 ナシ 
販売場所 店頭販売、ネット通販など 
評価 Bクラス

※今回は「アダルト(成犬用)」を例に見ていきます

全犬種用の国産ドッグフード『ペティオナチュラルスタイル』は、原材料に合成添加物を使用しない100%無添加ドッグフードとなっています。

公式サイトでは、原材料はすべて日本国内で調達し、国産鶏の生肉を使用しているため、食の細い子にもオススメと書かれています。

これだけを見るとすごく良さそうに思えますが、果たして実際の中身はどうなっているのでしょうか?

『ペティオナチュラルスタイル』の原材料・成分の安全性を評価

ジャックラッセルテリアの画像

それではさっそく原材料と成分を見ていきましょう。今回は「アダルト(成犬用)」を例に詳しく分析していきたいと思います。

※以下、好ましくない原材料は赤文字にしています

原材料
肉類(鶏レバー・鶏・豚)、でんぷん類、還元水あめ、脱脂大豆、小麦粉、脱脂米ぬか、植物性油脂、かつお粉末、全卵、植物性たん白、卵殻粉末、発芽玄米膨化粉末、アマニ油、食塩、サメ軟骨抽出物(コンドロイチン含有)、酵母、乳酸菌(EC-12株(熱処理済))、ビタミンE
注意
脱脂大豆脱脂米糠は、加工後の副産物(いわば余りもの)で、低品質ドッグフードでよくみられる。大豆はアレルギー性大。
粗タンパク質 16.5%以上
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 2.0%以下
粗灰分 7.5%以下
水分 27.0%以下
カロリー 329kcal/100g

 

犬レッド
評価:Bクラス

主原料にお肉(鶏レバー・鶏・豚)を使用しており、犬に必要な『動物性タンパク質』をメインにしている点は評価できます。また、公式サイトでもアピールされているように、余計な人工添加物も一切見られません。

このあたりは市販のドッグフードとは一線を画し、安心・安全な原材料と言えそうです。

ばつを作る子供の画像

一方で、原材料が非常にスッキリしていて、「何か物足りない…」と感じる面もあります。

原材料には野菜やフルーツなどの食材も見られませんし、粗タンパク質16.5%という数値の低さも気になります(理想は粗タンパク質25%以上)

こうした原材料や成分値を踏まえると、「栄養不足にならないかどうか不安」とさえ感じてしまうのは私でだけではないはず…。

犬に必要な栄養素とその必要量|栄養不足を見抜く方法・1日に必要なカロリー

2017.11.14

犬レンジャイの総評

犬レッド

胃腸に配慮した『乳酸菌』を配合している点、そして油には良質な『亜麻仁油』を使用している点は素直に好感が持てます。

しかし、一方でかさ増しの穀物なども見られ、全体的な栄養価は足りない印象を受けました。

毎日与えられる『総合栄養食』として販売されていますが、メインとして毎日与えるのはあまりオススメできません。

『ペティオナチュラルスタイル』の口コミ・評判

記事作成時ではAmazonや楽天での取り扱いがなく、口コミや評判を見かけることはありませんでした。

口コミや評判が集まり次第、追記させていただきます。