ソルビダ『インドアパピー』を徹底評価|口コミや悪い評判まとめ

犬のおしりの画像

「ソルビダのパピー用って実際どうなの?」「子犬のうちの子には、安心・安全のドッグフードを食べさせてあげたい」

そんな飼い主さんに向けて、今回は「ソルビダ・インドアパピー(室内飼育子犬用)」の原材料や成分を本音で評価してみました。

実際に購入した飼い主さんの口コミや評判も紹介しているので、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

ソルビダ『インドアパピー』の基本情報

ソルビダ『インドアパピー』のパッケージ画像

出典:Amazon.co.jp

参考価格 2200円(900g)、3900円(1.8kg)、10300円(5.8kg)
1kgあたりの価格 1776~2444円
販売会社 株式会社ライトハウス(正規代理店)
原産国 アメリカ
粗悪な原材料 なし
酸化防止剤 危険性なし
着色料 なし
販売場所 ペットショップ、楽天、Amazonなど
評価 Bクラス

「今、考えられる最高のドッグフードを作りたい」というコンセプトを持つソルビダドッグフード。

公式サイトによると、主原料にはオーガニックな原料を使用し、欧米の厳しい食品基準をクリアした原料を贅沢に使用していると説明されています。

これだけを見るとすごく良さそうに思えますが、果たして実際の中身はどうなんでしょうか?

1kgあたりの価格も決して安くはないので、さっそく次の項目でシビアに評価していきたいと思います。

ソルビダ『インドアパピー』の原材料・成分を評価

読書をするラブラドールレトリバーの画像

それではさっそく原材料と成分を見ていきましょう。※以下、好ましくない原材料は赤文字にしています

原材料

オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、オーガニック乾燥豆類、鶏脂肪*、オーガニック乾燥大豆、オーガニック挽き割り玄米、天然フレーバー、オーガニックひまわり油*、オーガニック挽き割りフラックスシード、サーモンオイル*、乾燥ビール酵母、乾燥トマト繊維、乾燥ブルーベリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、乾燥ブロッコリー、オーガニック乾燥にんじん、オーガニック乾燥アルファルファ、オーガニック乾燥かぼちゃの種、オーガニック乾燥ひまわりの種、レシチン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、乳酸、乾燥セージ、ユッカフォーム抽出物、ガーリックパウダー、ミネラル類(塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、セレニウム酵母、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源))、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
*ミックストコフェロールで保存

タンパク質 26%以上
脂質 18%以上
粗繊維 5%以下
粗灰分 7.5%以下
水分 10%以下
カロリー 370kcal/100g
犬レッド
評価:Bクラス

主原料には『オーガニックチキン生肉』が使用されているため、犬に必要な“動物性タンパク質”はしっかり摂れるようになっています。

その他の原材料に関しても、オーガニックな素材にこだわっており、危険な原材料は1つも見られませんでした。

しかしながら、オーツ・大麦・玄米などの穀物が必要以上に使用されている印象も受けました。

穀物というのは消化酵素を持たない犬にとって消化が悪く、アレルギーの原因になりやすいことで知られています。

今では穀物不使用(グレインフリー)のドッグフードもたくさん販売されているなか、ソルビダのように穀物の多いドッグフードをパピー期から与えるのは少し不安に感じます…。

犬レンジャイの総評

犬レッド

オーガニックなチキン生肉をメインにし、危険な添加物も使用されていない原材料は、市販のドッグフードとは一線を画すものです。

しかし、「ソルビダがパピー期に与えるベストなドッグフードか?」というと、決してそうではないように感じました。

筆者個人としては、もう少し穀物の使用量を抑えたドッグフードを与えたほうが子犬の今後の健康のためになると思います。

ソルビダ『インドアパピー』のリアルな口コミ・評判

イエスとノーの女性の画像

実際にソルビダ『インドアパピー』を購入した飼い主さんの口コミや評判もいくつかピックアップしてみました。

食いつきは抜群!

ウチのワンちゃんたちには、とても小粒で食べやすい様です。二匹の小型犬はそれぞれ食べ方にも特徴があって、一匹は奥歯でよく噛み砕いて食べてますが,もう一匹はペロペロ舐めながら飲み込んでいる様です。

どちらの犬にとっても、食いつきが良く食べやすい様でむせることもなかったです。

ウンチのは大量に出ますが、臭いはそんなに臭くは感じません。

残念ながらうちの子は食べませんでした

ペットショップから頂いたフードが物凄く臭く、体臭が気になったので臭いの少ないものを探してたどり着きました。

オーガニック系との事で、臭いはとても少なく健康にも良さそうです。

ただ、臭いの少ない分美味しく感じないのか、1週間ほどで見向きもしなくなりました。

よく食べる

7ヶ月になる犬ですが、飽きずによく食べてくれます。ジップ付きの袋なので、保存もラクです。

食いつきがよくて、粒も小さめで小柄なうちのわんこには最高でした

ツバ臭くなった

小粒で食いつきも良いです。だけど飾り毛のところがツバ臭くなりました。

かかりつけの獣医師に相談したら餌があってないのかもと言われました。

商品の品質自体が油分が多いように思いますので、酸化を防ぐ意味でも小分けにしてほしいです。

よく食べます

ポメラニアンの子犬に与える為買いました、食いつきも良くウンチもそんなに匂いが気になりませんでした。

食べて欲しい…

ナチュラル素材で栄養面ではとても良さそうなので購入しました。

他のドライフードと混ぜて食べさせていますが、避けて食べます。

実際にソルビダを試した飼い主さんの感想は、「食いつきが良い」といったポジティブなものもあれば、「食べてくれなかった」というネガティブな声も…。

食いつきにはムラがありそうなので、大袋ではなくまずは小袋から試したほうが良いかもしれません。

また、粒の大きさも約0.8mmと小粒タイプなので、大型犬や中型犬のパピーには粒がやや小さく、丸呑みしてしまう可能性も考えられます。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はソルビダ『インドアパピー』の原材料や成分を評価してみました。

オーガニックな原材料が使用されている点は安心できますが、全体的にみると「もう一声」といった印象を受けました。

1kgあたりの価格も2000円前後と高く、コストパフォーマンスも少し悪いのかな?というのが筆者の正直な感想です。